結婚編

Up Date : 2014-03-26

保険を見直す時期の一つに、結婚があります。

これは、男性女性関わらずどちらにも言えることです。

結婚するということは、同じ家で暮らし同じ生活をし金銭面も協力や折半をすることが一般的です。

その場合、保険料というものは意外と出費の中でも大きな割合を占めています。

今まで独身だった場合には、受取人を親にしていたり保険で降りる金額をそこまで高く設定していなかった、という方が多いようです。

しかし、結婚後は保険の受取人は配偶者に帰るという方がほとんどです。

また、大黒柱であるご主人には特に多く保険をかけておくという意見があります。

それはやはり、万が一何かがあった時に働くことができない時のお金の必要性を考えるとあまり金額が低いものではカバーしきれないと予想されるからです。

また、これから先子供が生まれる可能性がある時、実際に生まれた時にも旦那様の保障金額が低いと不安だという方が多いです。

逆に、奥様は金額を下げるという方もいます。

万が一、のものである代わりに使わなければ出費として抑えたいところでもあるので家族でのバランスを考える必要があります。

プロフィール

    名前 : リュウ

    職業 : 保険営業マン

    血液型 : A型

記事検索